「YEG」(若き企業家集団)とは、 商工会議所青年部の英語名(Young Entrepreneurs Group)の頭文字をとったもので、同時に商工会議所青年部の持つコンセプト(若さ、情熱、広い視野)を持った経営者=Youth,Energy,Generalistを表している。

明石YEG 平成30年度スローガン

夢に挑む

会長 柳川 泰志

 平素は、明石商工会議所青年部(以下、「明石YEG」と略称します。)活動にご理解とご協力をいただき誠にありがとうございます。
 私達を取り巻く経済状況や社会情勢ですが、来年2019年には明石市制100周年・明石城築城400周年を迎え、再来年2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催され、今年は日本、そして明石に明るい話題と賑わいが舞い込む気運がみなぎる一年になりそうです。

 また、女性や高齢者等の多様な人材活躍の推進、就業環境改善を目指した働き方改革、IT技術・ロボット導入による生産性の向上が進む明るい話題の一方で、労働力人口減少による中小企業の人材不足、後継者不在による引退廃業、AI技術発展による職業喪失等、私達の将来が気になる問題が生じておりますが、「行動こそ時代を先駆けるべき青年の責務」と信じて「ピンチをチャンスに変えることが出来るのは私達YEGである!」との気概で、夢や志をもってあらゆる事象に挑戦していかなければなりません。
 本年度、明石YEGは、「夢に挑む」をテーマとし、夢や志をもって仲間と共に各種青年部事業を企画することの楽しさを共有し、事業成功の前に立ちはだかる様々な課題に立ち向かうために仲間と共に挑戦する情熱を共感し、事業開催時には汗を流して仲間を応援し、事業目標を達成したときの感動を仲間と分かち合える喜び作りを目指します。そして地域を支える次代への先導者として各人が新たな夢や価値観を創造し、更なる目標へ挑戦する気概が芽生えるような一年を皆様と一緒に挑みたいと思います。

 以下、本年度の基本方針をお伝えいたします。
1.青年部事業の告知力強化、会員事業所の情報発信等、広報活動充実への実践及び検証
2.経営に役立つ各種研修会、研鑚事業及び講演会の企画開催
3.明石YEG開発商品「海峡の恵み」を用いた地域創生活動への取組み
4.既存継続事業内容の創意と工夫、新規事業の企画開催
5.明石青年四団体(明石青年会議所・町衆明石・明石市商店街連合会青年部)との交流及び事業支援
6.兵庫YEG及び近畿ブロックYEG加盟単会との交流促進
7.日本YEG全国大会明石大会開催に向けた検討
8.会員拡大(会員総数100名超の青年経済団体を目指す)

上記基本方針のもと仲間と共に夢を語りながら本年度事業を作り上げましょう。
 仲間の夢を応援するために笑顔で事業へ参加しましょう。
 そして夢を育くみ夢を応援する組織風土を生み出しましょう。その組織風土は明石YEGの大きな魅力となって新しい仲間を惹き寄せ明石YEGの大きな飛躍に繋がります。
 たくさんの素晴らしい仲間と共にまちの活性化に貢献し、「明石のまちになくてはならない青年経済団体」を目指しましょう。
 本年度明石YEG事業へのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

商工会青年部

<YEG宣言>

私はYEGとして、夢に挑む。
私たちはYEGとして、地域を愛する。
すべてのYEGは、連帯の証となる。

<指針>

商工会議所青年部は地域社会の健全な発展を図る 商工会議所活動の一翼を担い次代への指導者としての責任を自覚し地域の経済発展の支えとなり新しい文化的創造をもって豊かで住み良い郷土づくりに貢献する。

<綱領>

  • われわれ青年部は
  • 一、地域を支える青年経済人として先導者たる気概で研鑽に努めよう。
  • 一、国際社会の一員であるべき国際人としての教養を高めよう。
  • 一、豊かな郷土を築くために、創意と工夫、勇気と情熱を傾けよう。
  • 一、文化を伝承しつつ、新しい文化の創造に向かって歩を進めよう。
  • 一、行動こそ次代を先駆けるべき青年の責務と信じ、力を合わせ国の礎となろう。

30年度組織図

明石YEG組織図

委員会

■YEGネットワーク企画室  室長: 神足 武志

神足

当室では、近畿ブロックYEG及び兵庫YEG加盟単会との交流促進を行います。他単会との繋がりは、自身の認識や見地を深めるだけではなく、同じYEGとしての仲間を増やす絶好の機会でもあります。YEGとして同じ志を持つもの同士ともに夢を語れ、価値観を共有できる仲間を増やします。
会長所信のテーマである、夢に挑む。YEGとしての事業として各種大会があります。その中で最も大きな規模の大会として全国大会があります。明石YEGとして、日本YEG全国大会明石大会が開催できるかどうか本格的な検討活動をします。検討を通じ、仲間同士の情熱を共有し、絆を深め、夢を持ち、目標へ挑戦する気概を芽生えさせます。
明石YEGメンバー全員が、YEGについて認識を深めYEG活動に夢と楽しさを感じ、ともに仲間として夢や目標につき進める環境を作り上げていきたいと思います。そのためには、各種大会や各事業への明石YEGメンバーの積極的な参加が必要となります。一緒に夢を語り、夢に挑みましょう。

■総務広報委員会  委員長: 森 和紗

森

本年度は、エンジェルタッチ(以下、AT)・ホームページ(以下、HP)・SNSを活用した会員相互の連携と外部へ向けた広報活動を強化していく所存です。
平成28年度から取り組み、試行錯誤しながら運用してきたHPとSNSの連携をより強固なものとし、オリエンテーションなどを通して元来からあるシステムであるATの活用と共に、運用方法を検討・周知していくことを目指します。
総務の役割として、まず会員間の相互連携を生むためにも、総会運営を通して「顔の見える関係を築き」ATのプロフィール入力等を通して「会員間での交流事例の紹介等」ができるよう各システムを活用し、情報発信を目指します。また、「過去に生まれた会員間連携」の見える化をすることで、会員間の絆を深める一端を担うことを目指します。
広報の役割として、HPやSNSを通してどのような活動をどのような事業所が行っているかなど、YEGの魅力を外部に伝えることを目指します。
既存事業の発展や新事業の広報など全会員と連携し、YEGの屋台骨となれるよう一年間活動して行く所存です。どうぞ宜しくお願いいたします。

■交流委員会  委員長: 小野 恭輔

小野

本年度の交流委員会では、明石の各地に広がる仲間の自己成長、自社の発展のため、信頼し合える同志と繋がる場を提供することを目的に活動します。そのためには、YEGメンバーとの交流、明石で活躍されている青年経済人との交流、そして明石市民との交流は不可欠です。交流の場を広げるため、以下三つの活動に注力していきます。
ハイハイベビー競走大会では、市民との交流は勿論、明石YEGメンバーとして、一つの大きな事業を達成する喜びを分かち合える場を提供いたします。
新入会員歓迎会では、新入会員がすぐに溶け込んで楽しめ、会員同士が主体性を持って、メンバー相互の交流が深まる場を提供いたします。
明石青年四団体事業支援では、YEG以外で活躍されている青年経済人との交流を深め、明石YEGだけでは得られない情報共有の場を提供いたします。
メンバー同士が心の底から想いを語り合い、互いの魅力を感じ、喜びと楽しさを分かち合い、メンバーの成長と友情を深める交流を図りましょう。
皆様お力添えいただきますよう、宜しくお願いいたします。

■研修委員会  委員長: 河合 良昭

河合

本年度、研修委員会は研修事業の企画開催を担当します。
少子高齢化に伴う労働力人口減少により、地域の中小企業は人材不足や後継者不在といった課題に直面しております。
しかしながら、明石YEGには夢や志をもった次代の先導者となりうる優れた人材が多く集まっております。
このようなメンバーが青年経済人として会社の成長を実現し、さらには地域の経済的発展に貢献できるスキルや心構えを習得できるよう、経営に役立つ様々なテーマを取り入れた研修事業を年間を通して開催いたします。
YEGにおいて、親睦や交流の場だけでなく、継続的な自己研鑽の場も提供することにより、明石YEGが「明石のまちになくてはならない青年経済団体」として、これまで以上に魅力的な団体となれるようにします。
1年間、どうぞ宜しくお願いいたします。

■地域活性化委員会  委員長: 植野 裕

植野

本年度地域力活性化委員会では2つの事業を柱に取り組んで参ります。
1つ目に、明石YEGブランド『海峡の恵み』の販売促進事業の企画開催です。
昨年度完成した万能だし『海峡の恵み』の販売促進事業として、YEG加盟単会との交流事業や異業種交流への積極的な参加や明石の広報媒体の活用を通じて、『海峡の恵み』を先ずは明石の皆様に知っていただくと同時に販路を切り開いて参ります。
そしてこの『海峡の恵み』が明石の地域経済の活性化に貢献できるように育んで参ります。
2つ目に、明石YEG新事業『職業体験(仮称)』の企画開催です。
この新事業に参加していただいた子ども達が、楽しく夢を持てるような企画になるように取り組んで参ります。今年度は将来に向けた足掛かりとなるようなプレ事業の位置づけとしてハイハイベビー競走大会との共催を目指します。
そしていつの日かこの事業に参加した子ども達の中から、明石で活躍する青年経済人となるような人材育成のきっかけに、明石YEGの活動が役立つように、また、その子ども達が将来新しいYEGの仲間になってくれるきっかけとなるような魅力ある事業に設えて参ります。
私達地域力活性化委員会では、会員間の連携を深め、各委員会と協力しながら、事業の実施を通じて明石YEGが青年経済団体として明石の地域に貢献できるように、また、その取り組みを通じて新しい仲間との出会いや、自社の発展、自己研鑽に繋がるように挑んで参ります。
皆様、宜しくお願いいたします。